2004年11月14日

ミュージアムショップ!あなどれない・・・

昨日千葉市美術館へ行ってまいりました。
企画展は「伝説の浮世絵開祖 岩佐又兵衛」

物語の絵巻物や、風俗図をみるのが好きなので、結構楽しめました。
それでも一番気に入ったのは「布袋図」
なんともかるーいタッチで描かれた墨一色の布袋様の笑顔が愛らしくって、
ミュージアムショップで絵葉書があったら買おうと思ったのですが、
残念ながらこの企画展の絵葉書はないということでした。

それでもいくつか絵葉書を買っていこうと、店内を見て回ったところ、
「万葉の心」というポストカード(6枚、500円)が目にとまりました。
(HPから購入するとお得なんですね)

桔梗、アジサイ
万葉集で詠まれた花の写真で、裏には歌が印刷されています。

たとえばねむの木の花の写真の裏には
「わぎもこが 形見のねぶは 花のみに
咲きてけだしく 実にならじかも」 大友家持
という具合です。

この写真家のかたについて少し調べてみました。
とても有名な方なんですね・・・知らなかった。

奈良市写真美術館で、約8万点の入江作品を保存、公開しているそうです。



それから「文房伯爵」の、大胆なトリのデザインの年賀状(150円)と
不ぞろいなストライプがかっこいい封筒(300円)を買いました。

簡単なデザインの組み合わせなんだけど、とてもかっこいいし、色もいい。
早速商品に書いてあったHPを見てみました。
なるほど、ミュージアムショップの運営もしているのね・・・


「文房伯爵」を作っている会社「便利堂」さんのHP→→→http://www.benrido.co.jp/index.htmlオンラインショッピングのページから「文房伯爵」の商品がみられます。

posted by モモ at 15:28 | Comment(2) | TrackBack(1) | 手紙
この記事へのコメント
私も又兵衛展行ってきました。
独特の世界に圧倒されっぱなしでした。
ミュージアムショップもなかなか充実していましたね。
TBさせて頂きましたので良かったら遊びに来てください。
Posted by vagabond67 at 2004年11月18日 21:37
vagabond67さん、初めまして。
コメントをありがとうございました。

又兵衛の筆の勢いも素晴らしかったですが、
着物の柄、植物、職人たちが手に持ったものまで
細かいところがしっかりと描写されていましたので、
それらをみてその時代に思いをはせていました。
Posted by モモ at 2004年11月19日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「伝説の浮世絵開祖 岩佐又兵衛」展へ走れ!
Excerpt: 「岩佐又兵衛」を知っているとすれば,その人は相当コアな日本画ファンであろう。私は,つい1週間ほど前,朝日新聞の文化面でその存在を知った。記事を飾っていたのは,「浄瑠璃物語絵巻」第4巻の牛若が浄瑠璃姫を..
Weblog: vagabond の 徒然なるままに
Tracked: 2004-11-18 21:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。