2012年03月02日

英作文添削受けています

チャイルドのAguiratouちゃんに少しでも早く手紙が届くようにと
日→英への翻訳過程をとばすために英文での手紙書きに挑戦中ですが、
これがなかなか難しいのであります。

手順としては
日本語で手紙の下書き⇒英文へ翻訳

これだけです。

知らない単語などを辞書で引いて書いていくわけですが、
ここで結構迷うわけです。
・どんな文型で表現するのがいいの?
・この名詞は単数?複数?
・冠詞はつける?つけない?つけるとしたら何なのよ
・過去形なのか現在完了なのかそれ以外なのか、ニュアンスわからん
・類語が複数あるよ〜
などなど、ほんとにびっくりするほど引っかかるわけですよ。
子供向けの手紙の一つさえまともに書けないという状態に
ぶちのめされておりました。

「こういうの教えてくれるところないかしら・・・」
と思うようになっていました。

そうしたら、昨年から購読している「実践金融英語講座」というメルマガに載っていた、発行元であるポリグロット外国語研究所のPRでこんなのを見つけたのです。

-----------------------

□□□通信教育(11か国語) 2月生募集中□□□

通常コースは  http://www.polyglot.jp/euristica/eur_index.html
英語科: 初級・中級・上級・実務翻訳・ガイド試験対策・作文特別

-----------------------

作文特別・・・exclamation×2
講座の紹介文を読んで、「これだー」と思い、
今わたくし毎週課題を提出しております。
(「ポリグロットの語学教育に対する考え」ページに書かれている
「ヒアリングを1000時間やる暇をもっと有効な学習方法に当てていれば、
オールラウンドな英語はとっくに習得できています。」という言葉は
極力短時間で効果を出したい怠け者な私にとっては朗報です)

採点、添削された課題文と、答えと解説、
講師の先生から手書きのコメントが帰ってくるのですが、
そのコメントを読むのがとっても楽しいのです。
といっても私の場合

「冠詞に相当自信が無いように思いました、
まあこれで自信を持っているようでは困りますがバッド(下向き矢印)
みたいに、読んでまず笑ってその後冷や汗たらーっ(汗)をかいてしまうような
コメントばかりなわけですが・・・

講座は6月まで続きます。
英文で手紙を書くことにどんな変化が起きるのか。
私自身もとてもわくわくしています。

posted by モモ at 11:21 | Comment(0) | 語学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。