2014年01月24日

万華鏡のような動きの Kaleidocycle

ネットで面白いペーパークラフトを見つけました。
KALEIDOCYCLE(カレイドサイクル)と呼ばれるものらしいです。

kaleidoscopeは万華鏡のことですが、
万華鏡のような動きをする面白い図形です。

出来上がりの形は
kaleidocycle_done.jpg

両手で持って外側に外側に動かしていくと、立体の面がくるくる回転して写真も変わります。
しかも4種類もexclamation
この動かし方を言葉だけで説明するのはなかなか難しいのですが、
みかんの入っていたネットをくるくる丸めて「りんご」を作るときのように手を動かす、
と言えば少しは想像できるでしょうか。
次々と模様が変わっていく様子は確かに万華鏡をのぞいている様な感じになりますexclamation×2

模様を自分で入れることもできるのですが、今回は写真を使って簡単に作れるサイトを利用しました。
サイトで用意している写真の中で、色の差の大きい4種類を選びプリントアウトしました。
kaleidocycle_printout.jpg

写真がきれいになるようにとマットフォトペーパーを使いましたが、
プリントアウトされた文面を見ると普通のコピー用紙でいいみたいです。
何でかなとおもいつつ普通の紙でもプリントアウト。

作り方をざっと読み、切り取る前に折り線を入れたほうがいいと判断し
あとをつけるための道具で縦、斜め線に沿って折り線を付けます。

kaleidocycle_zoom_up.jpg

太い線に沿って切り離します。
kaleidocycle_cut.jpg

縦の線は谷折りに、斜めのラインは山折りにします。
vertical_valley.jpg

diagonal_mountain1.jpg
斜め線は方向違いのほうも忘れずに。
diagonal_mountain3.jpg

折り目を付けたら向かい合わせののりしろ部分を貼り合わせます。
kaleidocycle_folded.jpg

曲げてのりしろを貼りあわせて出来上がりです。
kaleidocycle_glue.jpg

写真のものはマットフォトペーパーにプリントアウトしたものですが、
くるくる回しているうちにのりしろ部分が剥がれてしまいましたふらふら
マットフォトペーパーではハリがありすぎて壊れやすいようです。
普通の紙で作ったものは剥がれることもなく回転させることができます。

これ、絶対チャイルドが見たら喜んでくれるなぁ〜揺れるハート
でも、説明だけで彼女たちが作れるかがわからないなぁ。
目の前で作ったり、動かしたりできればすぐにわかってもらえるのに・・・
チャイルドに会いに現地に行くことがあればぜひ持って行きたいですぴかぴか(新しい)

posted by モモ at 10:12 | Comment(0) | ペーパークラフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。