2005年05月31日

苦手克服!(おおげさ)

hako3ko.JPG


子供の頃、(小学生でした)折り紙は好きでしたが、
どうしてもできなかったのが、何枚もの折り紙を組み合わせて作る

「ユニット折り紙」でした。

くすダマなんて、仕上がったためしがない。

それで、大人になってもずーっと一枚折りばっかりだったんだけど、
本をみて、あんまりにも箱がかわいいので、挑戦してみることにしました!

3種類の箱は、それぞれ4枚の折り紙を使っています。
組み合わせも、思ったよりも難しくなく、綺麗に仕上がりました。

折り紙でこんなにかわいい箱が折れるとは・・・
箱自体がプレゼントみたいですね。

書名は「プレゼントの箱」布施知子著 筑摩書房
(布施知子さんの折り紙の著作はこちら とにかく箱がすごい!)

ユニット折り紙って結構面白いんだなぁ〜。
とりあえず、本に出ている箱を一通り折ってみよう!

そのほか紙の箱についての記事はコチラ
→ 「紙の箱と器」より
→ チューリップの形の箱
→ 折り紙博士のチューリップの器
→ 折り紙の箱がお役立ち
→ 綺麗な仕上がりの折り紙の箱

posted by モモ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペーパークラフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。