2015年09月29日

アフガニスタンにランドセルを送る

子どもが使い終わったランドセル、どうされましたか?
ミニチュアのランドセルに加工しなおして記念にとっておくという方法もありますが、
そこまで小学校には思い入れがないというので、きっとミニチュアにしてもたいして
喜ばないだろうし、でもカバンとしてまだ使えるものを捨てるのもなぁと思いつつ
数年間そのままにしておりました。

今年の春、たまたま出かけた先で知ったのが
想い出のランドセルギフトでした。
アフガニスタンにランドセルと文具を送る活動です。
2004年から2014年まで14万個以上のランドセルが海外へ送られたという事です。
通学カバンとして使ってもらえる道があると知って、嬉しくなりました。
子どもに話してみたところ、「いいんじゃな〜い」とフツーの反応。
本当にランドセルに特別な思いはないのかexclamation&question

書き損じはがきがたまっているので、
海外輸送費に書き損じはがきを使えるという事も
とても魅力的でした。
また、文具も一緒に送れるというのもいいですね
なにせ中学生になったとたん、子どもは鉛筆を全く使わなくなってしまったので
私一人では使いきれないほどの鉛筆が引出しに入れっぱなしになっていたからです。
その他引出しの中にあった未使用の色鉛筆、消しゴムも一緒に梱包しました。

randoseru.JPG

HPを見ると女の子に人気なのは黒のランドセル、男の子に人気なのは赤と書かれています。
水色はあんまり喜ばれないかもしれないなぁ・・・

50枚の書き損じはがきの郵送費 250円
プチプチでくるんだあと、紙で包んだランドセルの郵送費 850円でした。
これも全部書き損じはがきを使いました。

ジョイセフでは春と秋との年二回ランドセルを集めていて
秋の回収期間は10月15日までだそうです。

posted by モモ at 21:58 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。