2015年10月23日

ハロウィン用に目玉作りました。

dryeyeballs.jpg

ハロウィンだからといって仮装はしませんが、
子どもをちょっと驚かせたいなぁと思ってネットを見ていたところ、
目玉型のお菓子容器の作り方の動画を見つけました。

これは面白い!と思って早速材料を見つけに行ったのですが、
まず小さい風船が売ってない。
30cmにもなる大きな風船、ハート形の風船、バルーンアート用ばかり。
一番目玉っぽいのはヨーヨー用の風船なんだけどなぁなんて思いながら
色々なお店を回って、結局近所の100均で売っていた水風船セットを使うことに。

白い紙は子供がもう使わなくなった書道半紙を約2cm幅に切り、
虹彩用の色紙は同じく100均で「お花紙セット」を買いました。
動画では水色と緑でしたが、どうしても目玉おやじから離れられないので
赤と水色の紙を大好きなカーブカッターで円形に切りました。
瞳の部分は黒の折り紙です。折り紙だと紙が硬いからしっかりくっつくか心配。
お花紙に黒があればよかったのになぁ。
(その後、調べてみたら黒のお花紙はありました ただ一袋500枚入り)

動画で使っている接着剤はおそらく木工用ボンドだろうと想像して
木工用ボンドを適当に水で薄めて作り始めましたが、
これ乾いても臭いよ・・・
日にちがたてばだんだん匂いは薄くなるらしいけれど、
食品を入れるものにこのニオイはないでしょ、と木工用ボンドを使うのはやめて、
自作の「でんぷんのり」で作り直しました。
「でんぷんのりの作り方」で検索すれば作り方もすぐわかるなんて本当に便利です。
載せてくれている人本当にありがとう

べたべたと風船に紙を張り付けていきますが、細長く切ったものを張り付けるので
どうしても丸い底の部分だけが厚くなります。
そこで途中からちぎって短くしたもので側面を強化しながら張りました。
で、乾燥させているところが上の写真。

子どもが帰宅する前に乾燥させて、隠しておかないといけません。
外の方が風もあるしと一回外へ干していたら、
風船が割れて落っこちてしまいました。しかも目玉が汚れてしまった
家の中で干すほうがいいようです。
一時間たっても底の部分は完全に乾かなかったので、扇風機で風を送って乾かしました。

blue_eyeball.JPG
目玉をつけて、再び乾燥させたものです。
折り紙でしたが、瞳も思ったよりしっかりとくっついていて、一安心。
紹介されていた動画では瞳の部分がもっと大きくて、
張り付け位置も虹彩の真ん中でしたが、
私のは瞳は小さめ、張り付け位置も虹彩からずらしました。

fringe.JPG
使った水風船が西洋カボチャみたいに先がとがって膨らむタイプだったので
とがった部分をハサミで切って整えることにしたのですが、
そのせいで用意していたふた用円形紙のサイズを大きくするはめに

sweets2.JPG
お菓子を中に詰めていきます。

inside.JPG
口が広いので、お菓子を入れるのは簡単です。

eyeballs.JPG
出来上がったところ。
思ったよりも底の部分はきれいに行きませんでしたね
縁にまずノリをつけるのですが、ノリをつけたところがふにゃふにゃになるので
その上から紙を張り付けるのが難しかったです。

反省点
・妖怪風にするためにはもっと瞳用の黒丸は小さくてよい
・ヨーヨー風船みたいに球形に近い風船を使い、出来るだけ空きの小さい
球形を作った方が底の紙の貼り付けが簡単でキレイ
動画では5インチというサイズでしたね。
ネットでも売っていますが、100個も作らないよね・・・


さぁて、どうやってこの目玉を渡そうかしら・・・

posted by モモ at 12:55 | Comment(0) | ペーパークラフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。