2015年10月26日

菊です。鶴で出来てます!

kiku_chrysanthemum.JPG

最近本屋さんへ行って、立体的な花の折り紙の本が
いろいろと出版されているのを知りました。
そういえば、子どもの頃「ユリ」を折ったとき感動したなぁ

今回は暮らしを彩る花の折り紙 (アサヒオリジナル)という本で紹介されている
「菊」を作ってみました。
ゴージャスです。何しろ出来上がりの直径は13cmもあるんですよ

本に載っている写真をみただけでは気づかなかったのですが、
これ実は51羽の折り鶴で作られているんですよ

kiku_chrysanthemum_closeup.JPG
鶴の形が見えますでしょうか?

鶴と言っても普通の折鶴の組み合わせではなく、
長方形の紙からまた切ったものを使います。
紙のサイズも4種類、51枚用意するのがとにかく手がかかります。
これだけ同じ色の紙がなかったので、私はまたもや半紙を切って作りました。
台紙に張り付けるときはもちろん前回目玉用に作った「でんぷんのり」です。

本には菊の花だけではなく、針金の茎と
またまた鶴で出来た葉っぱもついたものが掲載されています。
写真と見比べると、私の作ったものは菊というより王冠ですね。。。
もっとくるくると花弁を巻いた方が菊っぽく見えるようです。
割る前の割り箸で一つ一つ花弁を挟んでギュギュッと巻いてみました。

kiku_chrysanthemum2.JPG
ちょっとは菊に近づいたでしょうか。
カーブの角度を揃えるともっときれいな仕上がりになるようですが、
なかなか揃えるのは難しい。
しかも半紙は薄すぎてカーブがかかりにくいようです。

今回の菊の作り方の載っている本はこちら
↓↓↓

posted by モモ at 22:39 | Comment(0) | ペーパークラフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。