2015年11月06日

キャッシュバック決定しました

前回の記事無料で英語添削!10月3日まででご紹介した
英作文のフルーツフルイングリッシュの最低週一度提出のチャレンジですが、
今日無事に最後の日記を提出し、チャレンジ成功しました。

最初は解説なしで週二回提出しようと意気込んでいたのですが、
二週目に急いで提出したときに解説付き(デフォルト)にしてしまって以来
せっかくだからどんな解説をしてもらえるのか見てみようと思い
結局4週間のうちに5回提出(うち3回解説付き)を利用しました。
この言葉にはこの動詞でいいのかと迷った語になぜこの動詞なのかを英英辞典から教えてくれたりして
とても参考になりました。
・・・きちんとそこまで調べてから提出しなさいという話なんですが

最初は600字なんてそんなに長い英文なんか書けないと思っていたのですが、
最後の2回は600字におさめるのに文章を削らなくてはならないほどになりました。
また、はじめのうちは日本文から英文への翻訳作業に時間がかかっていて、提出するのが大変な負担になっていましたが、翻訳するのではなく、自分の知っている英文を使って言い表せないかと最初から英文を考えるようになって時間も短縮して、負担感も減ってきました。

最後の課題を提出してすぐに
・商品の解約(解約しないと期日が来ると自動的に来週分が引き落とされる)
・カスタマーサポートへキャッシュバック申請メール(キャッシュバックは自己申告)
も済ませました。

私はフルーツフルイングリッシュは英作文チケットを使った添削とE-BOOKの購入しかしたことがなかったので商品の解約は初めてでした。
解約は「お問い合わせ」の欄からというのがちょっとわかりにくかったですね。
何度もページのあちこちをクリックしてしまいました。
同じく「お問い合わせ」からキャッシュバック申請メールも送りましたよ

翌日いただいたカスタマーサポートセンターからの返信に
>問題なく4週にわたり課題提出されていましたのでキャッシュバック
>となります!改めておめでとうございます。
とあって、嬉しくなりました

11月は100名の参加者のうち、6か月間毎週英文提出を継続できた人だけで
懸賞金5万円を山分けするイベント
「学習継続サバイバルキャンペーン」をやっているフルーツフルイングリッシュ

継続対象が日記添削・英語eメール上達サービスだけなのが残念です。
11月から始まるという「写真添削」サービスも対象だったら喜んでやったと思いますね。

写真を見て、その情景を英語で表現する「写真添削」、
一体何の役に立つのかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
私、英検の面接対策のためにTOEICテスト公式プラクティス リスニング編
スピーキングのために利用しようと、
写真ページをコピーして別のノートの1ページに一枚貼り、
そこにその情景を表す文章を書いて・・・という学習ノートを作っているのですが、
その時にこの描写は合っているのかとか、こう言いたいんだけれどなぁ・・・
などともどかしい思いをしていたので
写真描写の添削サービスがあればいいなと思っていたんです。

なので、このサービスのリリースをメルマガで知って
「あ、こういうのを欲しいと思っていたの私だけじゃなかったんだ〜」
と思って嬉しかったです。
利用してみたらまた感想を書きたいと思います。

posted by モモ at 11:33 | Comment(0) | 語学

2015年10月09日

お店もハロウィン

なんとか今週2回、フルーツフルイングリッシュの日記添削の提出を済ませました。

二度目はお店に行ったときにハロウィン関連商品がたくさんあったことなどを書きました。
今回文章を書いていた時に気になったのは
ハロウィンって、前置詞 at Halloween?それとも on Halloween?
ハロウィンって  動詞はなに? celebrate?

上の件についてはgoogleの検索窓に打ち込んでフォーラムを見つけました。
私が参照にしたのは
http://www.italki.com/question/116097
10月31日を指すのなら on
ハロウィン期間中なら at
ということですね。

もう一つの方はどう検索窓に打ち込むか思案中。
添削で聞いてみたらよかったかなと思っています。

お店で色々なハロウィングッズを見ました。
小分けの袋に入ったお菓子、雑貨・・・

私が気になったのは

お店では手ぬぐいって折りたたまれて並べてあるので
最初見たときには「古典的なカボチャ柄だなぁ」と思ってみていたら
ハロウィン柄だったので、新鮮な感じでした。

そしてもう一つ気になってしまったのは

これ↓↓↓


これを頭に付けているワンちゃんを見かけたら
そりゃみんな笑顔・・・になっちゃう(控え目に言いました、噴いちゃいます)けど、
ワンちゃんとしてはどうなんでしょうか?

posted by モモ at 14:52 | Comment(0) | 語学

2012年12月06日

英作文講座を修了して

作文添削を修了してから半年たちました。

最初のころは講師の先生から
「冠詞に相当自信が無いように思いました、
まあこれで自信を持っているようでは困りますが」
というもう本当にダメダメなコメントをいただいておりましたが、

最終回では
「この講座を始められたころに比べて、
格段に英語の質がよくなりました。」
というお言葉が。
(でも課題は真っ赤になって戻ってきましたが・・・)

この講座でやっと辞書の情報量の多さとありがたさを知りました。
それから活用方法も。

大学生のときに今のような状態になっていたらと
考えずにはいられないのですが、ま、すべてのことに関して
飲み込みが悪いので仕方がないか。
寿命が長い時代に生まれてよかったというべきでしょうね。

辞書の活用により、ある程度は自分の書きたいことがかけるように
なったわけですが、それでもまだまだ自在というわけには行きません。
母語である日本語だって習得しているかと言われれば自信を持って「はい」とは
言いがたいわけですが、私の場合は英語のスタート地点にたつまでにも
相当時間がかかってしまいました。

私の場合は手紙が書きたいということから作文講座を選んだわけですが、
自分自身がどういう状態になりたいかをまず考えて、
それにあった学習法に出会うことが、上達の近道なのだなぁと実感しています。

posted by モモ at 10:24 | Comment(0) | 語学

2012年03月02日

英作文添削受けています

チャイルドのAguiratouちゃんに少しでも早く手紙が届くようにと
日→英への翻訳過程をとばすために英文での手紙書きに挑戦中ですが、
これがなかなか難しいのであります。

手順としては
日本語で手紙の下書き⇒英文へ翻訳

これだけです。

知らない単語などを辞書で引いて書いていくわけですが、
ここで結構迷うわけです。
・どんな文型で表現するのがいいの?
・この名詞は単数?複数?
・冠詞はつける?つけない?つけるとしたら何なのよ
・過去形なのか現在完了なのかそれ以外なのか、ニュアンスわからん
・類語が複数あるよ〜
などなど、ほんとにびっくりするほど引っかかるわけですよ。
子供向けの手紙の一つさえまともに書けないという状態に
ぶちのめされておりました。

「こういうの教えてくれるところないかしら・・・」
と思うようになっていました。

そうしたら、昨年から購読している「実践金融英語講座」というメルマガに載っていた、発行元であるポリグロット外国語研究所のPRでこんなのを見つけたのです。

-----------------------

□□□通信教育(11か国語) 2月生募集中□□□

通常コースは  http://www.polyglot.jp/euristica/eur_index.html
英語科: 初級・中級・上級・実務翻訳・ガイド試験対策・作文特別

-----------------------

作文特別・・・exclamation×2
講座の紹介文を読んで、「これだー」と思い、
今わたくし毎週課題を提出しております。
(「ポリグロットの語学教育に対する考え」ページに書かれている
「ヒアリングを1000時間やる暇をもっと有効な学習方法に当てていれば、
オールラウンドな英語はとっくに習得できています。」という言葉は
極力短時間で効果を出したい怠け者な私にとっては朗報です)

採点、添削された課題文と、答えと解説、
講師の先生から手書きのコメントが帰ってくるのですが、
そのコメントを読むのがとっても楽しいのです。
といっても私の場合

「冠詞に相当自信が無いように思いました、
まあこれで自信を持っているようでは困りますがバッド(下向き矢印)
みたいに、読んでまず笑ってその後冷や汗たらーっ(汗)をかいてしまうような
コメントばかりなわけですが・・・

講座は6月まで続きます。
英文で手紙を書くことにどんな変化が起きるのか。
私自身もとてもわくわくしています。

posted by モモ at 11:21 | Comment(0) | 語学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。