2014年01月13日

タイの奨学生へ初手紙

前から気になっていた民際センターのダルニー奨学金制度を通じて、
2012年度からタイの女子中学生の教育支援をしています。

かわいいダルニー奨学金とはかわいい
ダルニー奨学金は、経済的貧困のため教育の機会に恵まれないラオス・カンボジア・タイ・ベトナム・ミャンマーの子どもたちの中学就学を支援する国際教育里親システムです。
(民際センターのHPより)

何年も前からこの奨学金の存在は知っていたのですが、
プランに比べると知名度は低いし、自分の周りにこの活動をしている知り合いがいないし、
サイトを読むとしっかりしているようだけど・・・と
なかなか支援に踏み切れませんでした。

そんな私が支援をするようになったのは
「円高のうちに支援をしたほうがいいのではないかしら」
と思ったからでした。

文通をして、現地の様子について知りたいと思っていましたので、
私は文通可能なタイの子どもを支援することにしました。

プランと違い、事務局が取次ぎをしていないので
日本語で文通はできません。私はタイ語がまったくできませんから
英語を中学校で学んでいるということで英語で書きました。
昨年度の報告書と一緒に奨学生にしたアンケートが送られてきたのですが、
そこに趣味が読書と書かれていたので、それを話題のきっかけにしました。
それから、プランのチャイルドにも送ったのと同じように
奨学金証書と一緒に送られてきた写真のコピーを紙の写真たてに入れて送ることに。

国際郵便代はタイの子どもにとって高額ということで
事務局で販売しているタイの切手を貼った返信用封筒も同封します。

初めてなので、「タイへの郵便の出し方」という書類に書かれている通りに
タイ語で書かれた子どもたちへのメッセージも入れて・・・

結構いろいろ入っていますわーい(嬉しい顔)

おそらく一週間後には先方に着くでしょう。
喜んでくれるといいなぁ黒ハート

posted by モモ at 18:02 | Comment(0) | ダルニー奨学金
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。